不動産業で金のためにやってない人は珍しい部類に入るということを知りました。

今日も元気に飛び込み営業をしていたわけですが、まあオーナーには会えません。

そりゃそうですよね。逆の立場だったら私でも会いたくありません。

 

なんで会いたくないかっていうと、グイグイ営業されるイメージがあるからだと思うんですよね。

そのイメージは間違ってないのでなんとも言えないですがw

 

私は、本当に困っている人のために何か出来ないか?と思って不動産業を選んだわけですが、今日同業者の先輩に話を聞いたところ、「そんなこと思って不動産業やるやついないよw」と笑われました。

 

基本的に、不動産業を選ぶ人はお金目的で選ぶ、と。

お金目的で働くなら不動産業は稼げる、だからみんなそこを目指す。

金さえ貰えればいいから、相手のことは二の次。

いかに契約をとるか、しか考えていない。

 

お金のことだけを考えて仕事しているから、業界そのものが疲弊して人の入れ替わりも激しい。常にどこでも人手不足が続いている。

でも、不動産のことは一般の人にはわからない。だからこの仕事はなくならないだけ。

 

君みたいな考えの人は非常に珍しい、と言われました。

衝撃でしたw

まさか自分が珍しいほうの部類に入るとは思ってもおりませんでした。

 

私の友人に保険業がおりますが、彼は非常に出来た男で、私と同じような考えを持って仕事をしています。

しかもフルコミッションで。

 

その考えの彼は、常に成績上位です。

だから私の考えは間違っていないとは思うのですが、営業職は数字を求められる仕事です。そのプレッシャーに耐えられるかどうか、というのが最大の懸念w

 

ということで、中には本当に役に立ちたい、困り事を解決してあげたい、と思う営業もおります。

土地はほったらかしておくとただ税金を支払うだけのものですから、何かに使わないと、経済的にももったいないですし、防犯上もよくありません。

 

だから、そこを一緒に考えて解決しようと思っている不動産屋は必ずいます。

本当は、飛び込みはしたくないけど、上司にやれ、と言われているような営業もいるでしょう。

 

だからといって、飛び込みを対応してくれ、とは言いません。

不動産業界は非常に法律に縛られている世界です。

ムチャな飛び込みはすぐに罰則になりますし、大きな会社ならなおさらです。

 

ですので、もし飛び込み営業を受けて嫌な思いをしたら、すぐに会社に電話しましょう。それが嫌であれば消費者センターでも良いかも知れません。

 

ただ、中には本当に良い営業もいますので、あってみてもいいかも知れません。

会えば、その営業が本当に一緒に考えてくれる営業かどうかはすぐにわかります。

嫌なら解決方法はいくらでもありますから。

 

もっとも手っ取り早いのは、土地を持っているなら自分からいくつかの不動産屋に声を掛けることです。

自分が主導権を握れますし、他の不動産屋にもお願いしてる、ということを言えば相手も無理は出来ません。

 

複数の不動産屋に関わっている、と言えばその業界での評判なども教えてくれるはずです。その中でどこが一番いいかを決めればOK。

 

不動産の飛び込み営業を受ける、ということ自体、何かしら営業される理由がありますから、それがなくなることはおそらくありません。

ですので、早めに自分のお抱えの不動産業者を見つけることをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク