不動産開拓営業の面白みは、自分の行動がすべて結果につながるところ。

不動産の開拓営業の面白みは「何もしなければ何も起こらない」というところでしょう。

どの営業職にも共通していることかも知れませんが、不動産開拓は特にそうだと思います。

 

例えば、洋服屋の店員や、カフェの店員であれば、何もしなくてもお客さんは一応来ます。しかし、不動産屋の場合は何もしなければ誰も来ません。

賃貸の仲介や売買の仲介は別ですが、開拓の場合は何もしなければ本当に何も無いのです。

 

DMを送るとか、電話営業するとか、飛び込み営業するとか、何かしらアクションを起こさない限り、ほとんどの場合、売上につながることはありません。

 

他の営業職でももちろん、同じことが言えるとは思います。

しかし、不動産の場合は一人がワンストップで契約まで行うことがほとんどです。

これが、他の営業とは違うところだと感じています。

 

例えば、商品企画の営業であれば、企画をたててお客さんから仕事をもらってきます。

その後、企画した商品をクリエイティブ部門に投げて、商品の完成を待つことになります。

出来上がりに対して、もちろん意見することはできるし、開発に携わることも出来るとは思いますが、クリエイティブ側にも意見がありますので、なかなか深くは踏み込めません。

そうなると、営業職はクリエイティブ部門と、お客さんの間にたって調整する役になります。

 

不動産は小難しいように見えて、実はシンプルです。

例えば、空いている土地を見つけます。

この土地の持ち主を調べます。

持ち主に対して、家を建てませんか?とかコインパーキングにしませんか?とかトランクルームを作りませんか?という提案をします。

あとは、契約が取れるかどうかは条件次第です。

 

もちろん、完成するまでは営業として関わっていきますが、実際には家造りならお客さんと設計がやりとりしますし、コインパーキングやトランクルームは型が決まっていますので、大きく何かが変わるということはありません。

 

なにより、お客さんは土地の運用自体は大抵の場合なんでも良く、それよりも実際の利回りや管理がどうなるか、という点が重要です。

 

ですので、極論を言えば、手間がかからず利回りが高ければ何も言われません。

 

これが企画営業や、広告営業であったらどうでしょうか?

成果を求められるのはもちろんですが、内容に対しても色々と言われることが多いでしょう。でも、内容はクリエイティブ側の意見もあるわけで、ここの調整が結構面倒なのです。

 

私は以前の仕事場ではクリエイティブ側に居たので、営業が色々と気を遣っているのを見ています。

 

それに比べると、不動産はかなりシンプルです。

何もしない限り何も起きない、ということは、裏を返すと誰のせいにも出来ない、ということです。

 

WEBでの集客がメインであれば、WEBマスターが悪い、とかホームページが悪いとか、Googleアルゴリズム変更したから、とか考えられる原因がたくさんあって、それらが営業として仕事が少ない理由になるかも知れません。

 

ところが不動産の開拓の場合、土地をみつけるのがまず仕事になります。

見つけるには自分が動くしかありません。

待ってても空いてる土地は見つかりません。

WEBで探すことはもちろん出来ます。しかし、私もこの業界に入って知ったのですが、WEBに載らない土地が無数にあります。

これを探すには自分でみつけるしかないわけで、見つけない限り誰も教えてくれません。

 

教えてもらう関係を業者と築いておくのもありでしょう。

でもその場合も、業者を訪問しておかないと情報は来ません。

 

その代わり、アクションを起こせば何かしらリアクションがあります。

少なくとも、可・不可の判定は出来ます(ほとんどが不可ですが)

そして、不可になったからと言って、そこで終わりではありません。

繋がりがあれば次の仕事が舞い込んでくるかも知れません。

 

つまり、何かしらアクションさえ起こすことが出来れば、どこかに繋がるわけです。

あとは、自分で決めたアクションをやり切ることが出来るかどうか、です。

 

これまでの仕事では、成果の上がらない理由が色々なところにありました。

チームで仕事をしていると、仕事をしない人間も必ずいます。

それらにストレスを感じることもありましたし、良い面もありました。

 

不動産の開拓営業は、全て自分の責任です。

サボれば何も起こらないし、やれば何かが起こります。

誰にせいにも出来ませんが、成果は自分のやった結果です。

 

このあたりを楽しめる人であれば、不動産業もきっと楽しいと思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク