不動産業の本質は医者と同じ。

タイトルはちょっと大げさです。

しかしながら、不動産業をやっていて思うのは、そんなに不動産の売買とか、土地の活用なんてやらない、ということです。

 

でも、いつか困る時が来ます。

相続した建物を売るとか、資産の活用をしたいとか、土地を相続したけど、どうしたらいいかわからない、とか。

 

そういう機会が来ます。

ずっと来ない人ももちろんいます。

でも、そういう時が来た時に、頼れるのは不動産業者(詳しい人でも可)なのです。

 

だから、本当は不動産業者がそんなに営業でグイグイやるのはおかしいんじゃないかと思うわけです。

 

だって、医者がグイグイ営業しませんよね。

でも、医者が家までやってきて、無料で診断しますよーとやってきたとして。

無料で診てもらったら重大な病気が見つかって入院しないといけなくなった、という状況に陥ったらどうでしょうか?

 

悪いところを早く見つけてもらって感謝しますか?

それとも、医療費を出費することで嫌な気分になりますか?

 

まあ、もし世の中の医者がみんな営業を始めたら、医者も嫌われる職業になってしまうかも知れませんね。

 

さて、不動産業者にも同じことが言えます。

実際、土地の問題は今すぐ何かしないといけない、というようなことはありません。

本当に困ったら、自分から不動産業者に出向くと思いますから。

 

でも、出来れば早めに対策をしておいたほうがいいこととか、早めに資産活用してしまたほうが得なことはたくさんあるんです。

 

特に、土地には固定資産税がかかりますし、早めにマンションなりアパートなり、コインパーキングにするなりしたほうが、収入が発生することになります。

健康診断をしないでほったらかしの体みたいなものです。

気づいた時にはもっと早く何かしておけばよかった、となることも多いです。

 

本当に困ったときに、頼れる不動産業者をみつけておくことは人生において非常にプラスになります。

金融、保険、と同列で語られることの多い不動産ですが、私が考えるに、不動産は他の業種に比べて不透明な部分が多いです。

 

これは、不動産の取引には非常に多くの権利や法律が関わるだけでなく、その土地の使い方はまさに千差万別なので、何が正しいというのが本当に言えないからだと思います。

 

その点、保険や金融については、WEBも発達してある程度決まった商品も出てきています。

単純に、取引手数料や保険の内容で比較するサイトまであります。

 

しかし、不動産はそうはいきません。

あなたの持っている土地をどこの会社が一番高く買ってくれるのか?というような比較サイトは調べたところありませんでしたし、おそらく無いと思います。

なぜなら、不動産の価格そのものはある程度決まっていて、手数料も法律で決まっているからです。

 

じゃあ、一体何で決めればいいのか?

ちゃんと誠実に取引を進めてくれる不動産業者を選ぶしかないのです。

土地というのは思い入れがある場合もありますし、先祖代々の大切な土地の場合もあります。

そういった土地を単なる商品ではなく、ちゃんと扱ってくれる不動産業者に任せたいですよね?

 

ここが難しいところなのですが、結局のところ不動産業者の良し悪しなんて、営業がどれだけお客さんと接点をもっているかどうか、なんですよね。

 

当然接点が多ければ、信頼度は増すわけです。

親族に不動産業者がいれば任せたいですよね?

 

となると、いかにお客さんと会うかというのが不動産営業のキモになるわけで、これがグイグイ営業につながっているのかなぁと思いますね。

 

接点を多く持つには、営業を多く抱えないといけないわけですが、営業に給料払うためには売上が上がらないといけません。

となると、結局たくさんの営業がグイグイ営業しないといけないw

しかも、不動産は多額のお金が動きますから、金を稼ぎたいという猛者の集まりです。

 

まあ、だらだらと書きましたが、結局のところ不動産業者がグイグイくるのは仕方ないのかも知れません。ごめんなさい。

 

私は、本当に困ったときにアテにしてくれればいいと思って営業しています。

本当は、困ったときに誰からでも連絡が欲しいですが、なかなかそういうわけにはいかないですよね。

多くの人に、怪しい不動産業者に引っかからないようにしてほしいと願っているので、少しでも接点を持てば、困ったら私に連絡をしてくれるかも知れません。

 

ということで、私は営業をしているのですが。。。。アレ、行動だけを見るとグイグイいく営業と何も変わらないですねw唯一去り際だけはあっさりしているとは思いますが、困ったものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク